ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
821日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

2018 年末回顧<上>

[県内]県人ダンサー NYで栄誉

2018年12月17日(月)(愛媛新聞)

セカンドシングル「聖音」をPRする「たけやま3.5」メンバー(左から星川遥香、武田雛歩、脇田穂乃香、浜辺咲良)

セカンドシングル「聖音」をPRする「たけやま3.5」メンバー(左から星川遥香、武田雛歩、脇田穂乃香、浜辺咲良)

柳家勧之助(中央)の真打ち昇進披露公演の様子=11月6日、東京・半蔵門の国立演芸場

柳家勧之助(中央)の真打ち昇進披露公演の様子=11月6日、東京・半蔵門の国立演芸場

セカンドシングル「聖音」をPRする「たけやま3.5」メンバー(左から星川遥香、武田雛歩、脇田穂乃香、浜辺咲良)

セカンドシングル「聖音」をPRする「たけやま3.5」メンバー(左から星川遥香、武田雛歩、脇田穂乃香、浜辺咲良)

柳家勧之助(中央)の真打ち昇進披露公演の様子=11月6日、東京・半蔵門の国立演芸場

柳家勧之助(中央)の真打ち昇進披露公演の様子=11月6日、東京・半蔵門の国立演芸場

 映画、音楽、舞台…今年一番心に残った作品は? 今年輝いていたと思う人は? 2018年もさまざまな出会いと別れ、ドラマが繰り広げられた芸能界。ジャンル別に2回に分けて振り返る。

 

 県内では、さまざまなジャンルで話題が舞い込み、今年もにぎわいをみせた。

 「劇団☆新感線」を手掛ける演劇プロデューサー細川展裕(新居浜市出身)が3月、芸術選奨の文部科学大臣賞を受賞した。エンターテインメントの高みを追求してきた同劇団の取り組みなどが高く評価された。

 細川の幼なじみで作家・演出家鴻上尚史(同市出身)は、主宰する「虚構の劇団」で「もうひとつの地球の歩き方~How to walk on another Earth.~」を発表。2年ぶりの新作で健在ぶりを示した。

 坊っちゃん劇場(東温市)は、「第9」を題材にしたミュージカル「よろこびのうた」を上演。NHK連続テレビ小説「マッサン」などがある羽原大介(脚本)と「少年隊」の錦織一清(演出)のタッグで、新風を吹き込んだ。元宝塚劇団の帆風成海(四国中央市出身)がヒロイン役で熱演をみせた。

 同劇場は超高精細画質の8Kで撮影した舞台作品を上映する「アジア8K映像演劇祭」を初開催。アジア各国の話題作を招き、映像演劇の可能性を探った。

 10月、米国在住のダンサー・振付家山本奈美(松山市出身)が、米ニューヨークで開かれた「NY DANCE&PERFORMANCE AWARD」(通称・ベッシー賞)で作品部門賞を獲得。ショービジネスの本場から与えられた栄誉に県内関係者も沸いた。

 音楽シーンでは、愛媛で活動するアーティストの作品発表が続いた。ロックバンド「ジャパハリネット」は11年ぶりのアルバム「RE:JAPAHARINET」、メロディックパンクバンド「LONGMAN」は1年の活動休止を経てミニアルバム「WALKING」をリリース。上島町在住の世界的キーボード奏者デイヴ・シンクレアは、5年ぶりのアルバム「OUT OF SINC」を完成させた。

 アイドルグループ「STU48」が1月にシングル「暗闇」でメジャーデビュー。主要音楽チャートで首位スタートし、ミュージックビデオが今治市の大三島などで撮影されたことでも話題に。11月には念願の船上コンサートを行う船舶「STU48号」が来春完成することが発表された。

 松山市内の芸能事務所に所属するエンタメガールズバンド「たけやま3・5」が存在感を放ち始めた。昨年11月のデビュー以降、楽曲を発表しながら、各地で精力的に活動。県内企業とのCMタイアップが進むほか、全国放送のテレビ番組などにメンバーが出演し、知名度を高めている。

 県内ロケ映画の公開も相次いだ。長沢まさみと高橋一生共演の「噓を愛する女」は、謎めく物語の背景を今治市各所の風景が彩った。「船長さんのかわいい奥さん」も同市の島しょ部が舞台で、日常を切り取った描写が好評を得た。大森研一監督(砥部町出身)の「ふたつの昨日と僕の未来」はオール新居浜ロケを敢行し、声優・歌手水樹奈々(同市出身)が主題歌を担った。今月22日から全国公開される。

 映画関係では南予唯一の複合映画館「シネマサンシャイン大洲」が来年1月6日で閉館するという寂しいニュースもあった。

 9月、八幡浜市出身の落語家柳家花ん謝が真打ちに昇進、名を勧之助に改めた。若手漫才師日本一を競う「M-1グランプリ」では、またも県人が涙をのんだ。ともに4年連続で決勝に進出した武智(松山市出身)の「スーパーマラドーナ」は7位、水田信二(伊予市出身)の「和牛」は3年連続の2位。県内で冠番組がスタートするなど波に乗っていたが、優勝には届かなかった。

 昨年12月に急逝した脚本家・作家早坂暁(松山市出身)原作のスペシャルドラマ「花へんろ特別編 春子の人形」が8月にNHKで放送。同局の紅白歌合戦には今年も「Superfly」の越智志帆(今治市出身)が出場する。

 復興作業が続く西日本豪雨の被災地。木村拓哉や「嵐」の松本潤ら人気タレントが被災地を支援しようと愛媛に足を運び、県人アーティストらによるチャリティーライブなどが各地で開かれた1年でもあった。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。