ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
722日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

一本松―宇和島大会

愛媛駅伝 1部は愛媛銀行が6連覇

2018年12月17日(月)(愛媛新聞)

【1部】6連覇を達成し、ガッツポーズでゴールする愛媛銀行のアンカー・五島=愛媛新聞社南予支社宇和島前

【1部】6連覇を達成し、ガッツポーズでゴールする愛媛銀行のアンカー・五島=愛媛新聞社南予支社宇和島前

【1部】愛媛銀行の5区・井上(左)がトップで6区・神野にたすきをつなぐ=宇和島市役所津島支所前

【1部】愛媛銀行の5区・井上(左)がトップで6区・神野にたすきをつなぐ=宇和島市役所津島支所前

【1部】6連覇を達成し、ガッツポーズでゴールする愛媛銀行のアンカー・五島=愛媛新聞社南予支社宇和島前

【1部】6連覇を達成し、ガッツポーズでゴールする愛媛銀行のアンカー・五島=愛媛新聞社南予支社宇和島前

【1部】愛媛銀行の5区・井上(左)がトップで6区・神野にたすきをつなぐ=宇和島市役所津島支所前

【1部】愛媛銀行の5区・井上(左)がトップで6区・神野にたすきをつなぐ=宇和島市役所津島支所前

 第69回愛媛駅伝競走(愛媛陸上競技協会、愛媛新聞社主催)の一本松―宇和島大会は16日、愛南町の一本松バス停付近から愛媛新聞社南予支社宇和島前までの7区間53.8キロで行われ、25チームが出走した1部は愛媛銀行が2時間46分2秒で6連覇を達成した。37チーム出場の2部は今治クラブAが3時間4分57秒で11年ぶり2度目の優勝を果たした。

 1、2部総合30位以内のチームなどは、来年1月27日に今治―松山で行われる第15回駅伝選手権大会の出場権を獲得した。

 

 <1部レース経過>愛媛銀行が新居浜東高Aの猛追をかわし、区間記録を三つずつ分け合う接戦を制した。

 愛媛銀行は1区の中村佳が区間新タイの力走で抜け出した。2~4区でルーキー3人が手堅くつなぐなどして最後まで先頭を守り切った。

 新居浜東高Aは2区から2位につけた。3、5、7区で区間賞を取り、レース後半にかけて愛媛銀行との差を縮め、ゴール時には14秒差まで追い上げた。

 松山大は終始3位をキープする安定した走りをみせた。

 

◆スピード強化図る◆

 【1部1位の愛媛銀行・中村監督の話】一度も他チームにトップを譲らず、自分たちのリズムで進めることができたことが勝因。今治―松山は距離が短く、スピードがより重要になる。強化を図って面白いレースにする。

 

◆優勝届かず悔しい◆

 【1部2位の新居浜東高A・真鍋主将の話】個人的には自己ベストの記録で、チームとしても良い流れだっただけに、狙っていた優勝に届かず悔しい。ただ、愛媛銀行にここまで迫れたことは成長の証しだと受け止めたい。

 

◆各走者の個性発揮◆

 【1部3位の松山大・友草監督の話】1年間をかけてチーム全体の走力の底上げをし、3位以内の目標を達成できて満足。1区今川の安定感、6区大田の長距離の強さなどメンバーそれぞれの個性がうまく発揮できた。

 

【苦闘34歳井上 喜び爆発】

 「ありがとう。本当にありがとう」。愛媛銀行のアンカー、五島が1位のゴールテープを切った瞬間、10年以上チームのエースを務めてきた井上がいち早く駆け寄り、抱き合って一緒に喜びを爆発させた。

 若返りが進むチームの中で、20代前半のメンバーと同様の練習量をこなして第一線で戦ってきた34歳の井上だが、本年度いっぱいで愛媛銀行を退社し、陸上から引退すると決めている。

 南予路ラストランで任されたのは距離が長く、難関とされる5区。序盤から優位に立って勝負どころで井上が引き離す。レース前に中村監督が描いたのはそんなレース展開で、1区の中村佳は「下り基調で走りやすく、単独区間新を狙った」と序盤から健脚を飛ばし、しっかりと区間新タイ記録を出す。

 しかし、その後は2位との差を大きく広げられない。5区でも新居浜東高Aの篠原が「約2・5キロある上り区間は足が止まりそうだったけど、後半は走りやすく、ペースを一気に上げることができた」と好走。1分あった差を14秒に縮められた井上は「負けたら自分が戦犯。こんなに詰められるとは」と責任を感じていたという。

 昨年まで4年連続で1区を担った森口のけがや新居浜東高Aの奮闘で追い込まれつつも、選手層の厚さと強さで6連覇を成し遂げた愛媛銀行。井上と八幡浜高陸上部でも一緒だった五島は「次も何としても優勝し、井上の最後の駅伝を良い思い出で飾りたい」と士気を高めている。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。