ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

宇和島市で豪雨復興を願い

イルミネーションで心を癒やして

2018年12月16日(日)(愛媛新聞)

約6万個の光が優しく照らすイルミネーション=16日午後、宇和島市吉田町東小路

約6万個の光が優しく照らすイルミネーション=16日午後、宇和島市吉田町東小路

 優しい光で心を癒やして―。西日本豪雨からの復興を願い、愛媛県宇和島市吉田町東小路の吉田公民館東側の広場で16日、地元の自治会や商工会青年部によるイルミネーションが始まった。来年1月中旬まで、黄色や青色など約6万球の発光ダイオード(LED)が吉田地域の夜を彩る。

 本丁地区会と吉田三間商工会青年部吉田支部のメンバーが共同で初開催。クリスマスをイメージした約6メートルのツリーを中心に、色とりどりの明かりが並んだ。「がんばってます!南予」のボードもオレンジ色に輝く。

 中心メンバーの一人は「まだまだ大変な方も多いと思う。この光を見て、少しでも明るい気持ちになってもらえれば」と話した。

 毎日午後6~11時に点灯する。20日には、地元の幼稚園児や保育園児を招いたクリスマスイベントも開かれる。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。