ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1024日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

9日

悪路なんの 白熱レース 内子でシクロクロス大会

2018年12月11日(火)(愛媛新聞)

変化のあるコースで白熱したレースを展開する選手

変化のあるコースで白熱したレースを展開する選手

 起伏のある未舗装のコースを走る自転車競技「小田川シクロクロスinうちこ」が9日、内子町平岡の豊秋河原であり、県内外から集まった計約230人のライダーが変化に富んだコースと自身の限界に挑戦した。

 自転車文化の普及を図ろうと実行委員会が毎年12月に実施し、今年で6回目。小田川の河川敷に1周約2・5キロ(キッズクラス約1・2キロ)のコースを設け、八つのカテゴリーでレースを行った。

 砂利や砂地のコースには、自転車を担いで走らなければならない階段や障害物がある。寒風が通り抜けて冷え込む中、選手は薄いサイクルウエアに身を包み、肩で息をしながら必死の形相でペダルを踏み続けた。会場周辺は音楽や実況、ギャラリーの声援が響き、普段は静かな町が大きなにぎわいに包まれた。

 昨年も出場し、男子初心者のカテゴリーで初優勝した松山聖陵高校3年の祖母井佑樹さん(17)は「去年よりも大変なコースになっていたが、ようやく勝ててよかった。高校卒業後も自転車競技を続けるつもりなので、シクロクロスでの経験を生かしたい」と喜んでいた。

 

 カテゴリー別の上位入賞は次の皆さん。

▽カテゴリー1

 ①西山靖晃

 ②進藤潤

 ③山岡健人

 

▽カテゴリー2

 ①山本雅一

 ②水崎和盛

 ③西川大介

 

▽カテゴリー3

 ①祖母井佑樹

 ②森秀司

 ③長者耕二

 

▽レディース

 ①武田美夕紀

 ②芳之内奈央

 ③熊本有加

 

▽ジュニア

 ①阿部源

 ②橋本青空

 ③祖母井堅斗

 

▽キッズ1

 ①田中陸大

 ②村上健太

 ③田中暖人

 

▽キッズ2

 ①横山拓生

 ②サラモノフスキ モニカ

 ③田中智也

 

▽耐久レース

 ①Team LuppiとTeam ZERO

 ②team TOC

 ③OVER TAKE

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。