ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
221日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

8年ぶりの全国 健闘を

宇和島東高応援、市庁舎に懸垂幕 高校サッカー選手権

2018年12月9日(日)(愛媛新聞)

宇和島東高サッカー部を応援する懸垂幕

宇和島東高サッカー部を応援する懸垂幕

 30日に開幕する第97回全国高校サッカー選手権に県代表として8年ぶりに出場する宇和島東高を応援しようと、宇和島市は7日、同市曙町の市庁舎に懸垂幕を掲げた。

 懸垂幕は縦7・5メートル、横0・9メートルで、同校全国高校サッカー選手権大会出場後援会が作成した。

 設置に合わせ、野村和弘校長やサッカー部の赤松弘教監督らが市役所を訪問。同校OBでもある岡原文彰市長は「生徒や指導者の努力が結実した成果。全国の舞台でも力を発揮して花開いてほしい」とエール。赤松監督は「保護者や地域の皆さんの支援に感謝し、自分たちの力を出し切りたい」と話した。

 懸垂幕は最長来年1月15日まで掲示。同校は初戦の2回戦(1月2日)で、前回優勝の前橋育英高(群馬)と浦和駒場スタジアムで対戦する。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。