ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
223日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西予・野村小で

ダム操作の検証 1月22日説明会

2018年12月8日(土)(愛媛新聞)

 西日本豪雨での肱川水系氾濫を受け、国土交通省と県、西予市は来年1月22日、同市野村町野村の野村小学校体育館で住民説明会を開く。3者や学識者で取りまとめた野村・鹿野川両ダムの操作や、防災情報提供に関する検証結果を報告する。

 説明会は午後7時から、質疑応答も含め約2時間を予定している。野村地域では河川増水により5人が死亡しており、検証では7~11月の4回の会合で、野村ダムの異常洪水時防災操作に伴う避難情報発令や住民周知などの課題を検討。ダムや河川の整備に合わせた操作規則変更や、避難情報提供方法の改善などの方針をまとめた。

 国交省四国地方整備局は大洲市についても説明会開催へ向け「どのように進めるか市などと調整しており、決まり次第公表する」としている。西予市での説明会に関する問い合わせは野村ダム管理所=電話0894(72)1211。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。