愛媛新聞ONLINE

2022
88日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

新聞づくり体験学習講座

人権集会 劇で男女差別考える 西中(新居浜市) 

2018年12月5日(水)(その他)

 

 

 

 新居浜市立西中で12月5日、全校生徒が参加する人権集会があり、3年生が演じる人権劇を鑑賞、身近な差別をなくすために意見を述べ合いました。「西中新聞」作りに取り組んでいる2年生の中学生記者3人がその模様を取材しました。

 

 集会を運営するのは校内の人権委員会。台本作成、演出、音響、照明、道具作りのほか、ポスター制作、司会進行も手がけます。今年は第1部で「西中差別をなくす会」が生まれた13年前の授業風景を再現、第2部で男女差別を取り上げた「西中家の人々」を演じました。

 

 第2部では、疲れて帰宅した夫が妻から風呂の掃除を頼まれ「それは女の役目だろ」と怒り出す場面や、学校で給食をおかわりしようとした女子生徒が男子生徒から「女子が何でおかわりするんだよ」と突っ込まれる場面などを描きました。

 

 劇が終わると、感想や、差別に対する考え方などを述べ合いました。近くにある惣開小6年生の児童も招かれており、積極的に発言していました。

 

 写真を担当する中学生記者は一人が望遠レンズ、もう一人が標準レンズを付けて出演者の表情を追いました。記事担当の記者は生徒の間を回って、集会の感想などを取材、「『男だから』『女だから』の一言が差別につながるので気をつけたい」「いつも思いやりを持っていたい」などの声を聞き取っていました。

 

    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ