ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
49日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

豊かな自然の中 力走

山道なんの 健脚競う 新居浜・あかがねマラソン

2018年12月3日(月)(愛媛新聞)

あかがねマラソンで新設されたハーフマラソンのコースを走る出場者

あかがねマラソンで新設されたハーフマラソンのコースを走る出場者

 第2回あかがねマラソン(実行委員会など主催)が2日、新居浜市角野新田町3丁目の山根公園を発着する五つのコースであった。新設したハーフマラソンコースなどで県内外の約1500人が健脚を競った。

 ハーフマラソンは、同公園と清滝トンネル(同市大永山)間の別子ラインが入った高低差約300メートルの難コース。ランナーは歯を食いしばって紅葉の残る山道を走り抜けた。小中学生学年別の1~3キロ、一般の5キロ部門もあった。

 同日は、バルセロナ五輪の陸上400メートルに出場し、1日に市から「新居浜ふるさと観光大使」に委嘱された渡辺高博さん(同市出身)がゲスト参加。スタート前には出場者に「背筋を伸ばし、正しい姿勢で走って」とアドバイスを送った。

 同市出身のタレント愛川ゆず季さんと、元女子マラソン五輪代表の土佐礼子さん(松山市出身)もゲストとして大会を盛り上げた。

 ハーフマラソンの男子は、招待選手で長野県茅野市役所の牛山純一さんが優勝。2位に入った東温市牛渕の教諭山下克尚さん(24)は「起伏の激しいコースだったが、納得のいく走りができた。紅葉や景色がきれいで楽しく走れた」と話していた。(長谷川悠介)

 

 ほかの優勝者は次の皆さん。

 【小学生1キロ男子】

▽1年

 近藤由都(西条市)

 

▽2年

 田村公(松山市)

 

▽3年

 前川侑大(西条市)

 

【同女子】

▽1年

 徳永優衣(同)

 

▽2年

 竹本莉渚(新居浜市)

 

▽3年

 源代恵麻(同)

 

【同2キロ男子】

▽4年

 田中家継(徳島県)

 

▽5年

 守谷愛斗(新居浜市)

 

▽6年

 松木直人(同)

 

【同女子】

▽4年

 矢野音羽(新居浜市)

 

▽5年

 永易聖(同)

 

▽6年

 山本祐希(宇和島市)

 

【中学生3キロ男子】

▽1年

 秦琉斗(新居浜市)

 

▽2年

 寺尾彩人(同)

 

▽3年

 藤原和希(同)

 

【同女子】

▽1年

 原千桜(今治市)

 

▽2年

 藤本ゆめの(新居浜市)

 

【一般5キロ】

▽男子

 寺尾浩二(新居浜市)

 

▽女子

 大條早苗(同)

 

【一般ハーフ】

▽女子

 白石晴美(内子町)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。