ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

発信!高校生記者 えひめ愛顔スポーツ 特大号Vol.3

<部活 私たちのカタチ>松山聾学校・陸上部 自己記録更新、励みに【松山聾学校 取材班】

2018年11月30日(金)(愛媛新聞)

 高校生活で大きなウエートを占める部活動。全国的に活動時間の見直しなどの改革が進んでいるが、学校によって特色や取り組む生徒の姿はさまざま。生徒数減少という事情も透けて見える。特大号第3弾では「いまどき部活」をテーマに、高校生記者が自校の特徴的な部活動をリポートする。

 

目標を持って活動する松山聾学校陸上部。息を合わせてウオーミングアップする部員

目標を持って活動する松山聾学校陸上部。息を合わせてウオーミングアップする部員

目標を持って活動する松山聾学校陸上部。息を合わせてウオーミングアップする部員

目標を持って活動する松山聾学校陸上部。息を合わせてウオーミングアップする部員

 「南 鍛錬期へ 津田 全聾陸上へ」―。松山聾学校陸上部員の活躍を伝える見出しが躍る。題字は「MATSURO T&F通信」。各種大会後に陸上部の関係教諭が校内に発信する学校通信だ。

 陸上部員は高等部の男子3人。それぞれ専門種目が異なる。

 中長距離を得意にする2年津田隼利さん(17)は、全国聾学校陸上大会での1位をめざして入部。今年6月の県総体の舞台に立ち、続く四国聾学校体育大会の1500メートルを制した。全国聾学校大会5000メートルで入賞が当面の目標だ。

 投てきが専門の2年南皓太さん(17)は、小学生で経験したタグラグビーを縁に陸上を始めた。今年前半に疲労骨折をしたが、リハビリに励んで復活。県高校新人大会のハンマー投げで7位に入った。来季は県総体で四国大会の出場権獲得をめざす。

 跳躍が得意な1年東佳人さん(16)は、陸上で体力を付けようと入部した。今季は三段跳びと走り幅跳びで自己ベストをマーク。来季は全国聾学校大会出場を見据える。

 3人は「自己記録の更新が魅力」と口をそろえる。

 練習は週に5日、放課後行う。自分のパフォーマンスに責任を持ち、準備から片付けまで率先する。松山聖陵高などと交流し、仲間を増やしたり、互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながらレベルアップしている。

 顧問の金並正教教諭(39)の指導は「自主性と自覚を持って取り組む」がテーマ。「選手が目標を持ち、それをサポートするのがわれわれの役目」と見守っている。

 

【松山聾学校 取材班】

【松山聾学校 取材班】

【松山聾学校 取材班】

【松山聾学校 取材班】

【松山聾学校 取材班】

 陸上部員にインタビューしたり、一眼レフカメラで部員の動きを撮影したりした。上下の角度や構図のバランスを考えながらシャッターを押した。難しかったけど、いい経験になった。(S)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。