ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1216日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

笑顔の魅力高めるメーク

松山でビューティーアドバイザー紹介 

2018年11月29日(木)(愛媛新聞)

親しみやすい印象を与えるメークのこつを紹介した講座=松山市三番町4丁目

親しみやすい印象を与えるメークのこつを紹介した講座=松山市三番町4丁目

①頰を大きく膨らませる

①頰を大きく膨らませる

②口の中に頰を強く吸い込む

②口の中に頰を強く吸い込む

③口角を横に引く

③口角を横に引く

【頰紅やリップ特徴に合わせ 表情筋鍛える方法も】

 初対面の印象をぐんとアップさせる笑顔。メークやエクササイズを通じ、その魅力を高める「笑顔アップ講座」がこのほど、松山市三番町4丁目の資生堂ジャパン愛媛オフィスであった。資生堂ジャパン中四国支社(広島市)のビューティーアドバイザー神田淳子さんが講師を務め、実際にモデルにメークを施しながら、こつを紹介した。

 

 講座は報道向け発表会の中で開催。神田さんはメークの仕方によって笑顔の印象は変わるとし、「周囲に親しみやすい印象を与えるには、自分の笑顔の特徴に合ったメークがいい。笑顔をキープした状態で化粧してほしい」と語った。

 

 まず、ファンデーションはリキッドタイプといったつやの出るものを使う。頰の日焼けなど気になる部分があれば、ファンデーションの前にコンシーラーでカバーしておくといいという。

 

 主なポイントとして、眉は全体に曲線的に描き、眉頭は薄めに仕上げる▽暖色系のカラーを目の形に沿ってのせ、涙袋にはハイライトを入れる▽頰が一番高くなるところにチークをふんわりと丸く重ねる▽ほほ笑んだ状態や、唇を「エ」の形にしてからリップを塗る―と説明した。

 

 表情筋を鍛えるエクササイズも取り上げ、①頰を大きく膨らませる②口の中に頰を強く吸い込む③ぎゅっと口角を横に引く―をそれぞれ10秒ずつ行うことを勧めた。「スキンケアをした後などに取り入れると肌に張りが出て、表情も豊かになる」とアドバイスした。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。