ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

バレーボール高校選手権県大会

男子、新田 逃さずV2

2018年11月24日(土)(愛媛新聞)

【男子決勝 新田―松山工】第4セット、新田・後藤がスパイクを決め19―20とする=県総合運動公園体育館

【男子決勝 新田―松山工】第4セット、新田・後藤がスパイクを決め19―20とする=県総合運動公園体育館

 バレーボールの全日本高校選手権県大会最終日は23日、県総合運動公園体育館で男女の準決勝と決勝が行われ、男子は新田が2年連続18度目の優勝を飾った。優勝校は来年1月5日から東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれる全国大会に出場する。

 

 【評】新田が勝負どころを逃さず競り勝った。序盤から一進一退となったが、中盤以降は相手のミスに乗じて引き離し、第1、2セットを奪った。第4セットはブロックが効果的に決まり、接戦を制した。

 松山工は第3セット、佐伯のクイックや金光の時間差などで1セットを返したが流れをつかみきれなかった。

 

◆力出せなかった◆

 【松山工・山本光主将】(4セット目をジュースに持ち込んだが敗れる)「流れをつかみかけたときに、自分たちのミスで相手に持っていかれた。試合の始めから力を100パーセント出し切れなかったのが敗因」

 

【粘る1点 全員バレー】

 「粘り強く1点を取る文字通りの全員バレーができた」と門田監督は胸を張った。各選手が役割を果たした新田が、チーム一丸で2連覇の栄冠をつかみ取った。

 2セットを連取し一気に流れをつかんだかに見えた第3セット、セッターの叶世が両足をつって途中交代するアクシデントが発生。司令塔を失った影響から、その後は連係がうまくいかず、このセットを奪われた。

 それでも代わりに入ったセッター曽我部が「みんながカバーしてくれたので自信を持ってプレーできた」と奮起。持ち味の丁寧なトス回しでリズムをつくったことで「チームが生き返った」(門田監督)。

 「気持ちで押し切ろう」と話し合って迎えた第4セット。松山工の得意なクイック攻撃にさらされながらも的確なブロックでこれをはね返すと、エース後藤のアタックや村上のジャンプサーブなどで着実に得点を重ね、最後は村上が「ここで絶対に負けない」と力強いブロックで勝負を決めた。

 ライバル対決を制し「それぞれが力を出し切るチームバレーができた」と中谷主将。全国大会に向け「終盤に押し切る力がまだ甘いので、全員でしっかりできるように修正してベスト4を目指したい」と力強く語った。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。