ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

8位指名「150キロ出す」決意

土居(松山聖陵)がロッテと契約

2018年11月22日(木)(愛媛新聞)

ロッテと契約を結び、目標を書いた色紙を掲げる土居豪人投手=21日、松山市内のホテル

ロッテと契約を結び、目標を書いた色紙を掲げる土居豪人投手=21日、松山市内のホテル

 10月のプロ野球ドラフト会議でロッテから8位指名を受けた松山聖陵高の土居豪人投手(18)は21日、松山市内のホテルで球団と契約を結んだ。契約金2千万円、年俸440万円(いずれも推定)。背番号は未定。

 

 土居投手は宇和島市出身。191センチの長身から投げ下ろす最速149キロの直球や多彩な変化球が武器で、今春の選抜大会にエースとして出場した。

 

 契約後の記者会見で、土居投手は「球速150キロ超え」を目標に掲げて「下半身の強さなど、足りないところだらけ。しっかりと強化していく」と語った。プロ野球選手として「気持ちを切り替えて、一日でも早く1軍で投げられるよう頑張りたい」と1年目のシーズンを見据えていた。

 永野吉成チーフスカウトも「体のサイズと、そこから繰り出される角度あるストレートが一番の魅力。3年ぐらいかけて体をつくれば、日本を代表するような投手になれる」と期待を込めていた。

 

 土居投手は、12月4日に東京都内での入団会見に出席する。2019年1月上旬に球団の寮に入り、新人合同自主トレに参加予定。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。