ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
618日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ゴルフ・エリエール女子第3日

乱調修正、最終日へ笑顔 丹

2018年11月18日(日)(愛媛新聞)

第3日、9番でバーディーパットを沈める丹萌乃=エリエールGC松山

第3日、9番でバーディーパットを沈める丹萌乃=エリエールGC松山

 パー4の10番、ティーショットがOBでダブルボギー。不穏な決勝ラウンドのスタートを切った丹だったが、以降は大崩れすることなく4バーディー、3ボギーの73で乗り切った。「絶対にバーディーを取りたいパー5で、二つ取れたのは次につながる」と前を向いた。

 「打った瞬間、OBしたなと思った」。腰が動かず、上半身だけで打ってしまったという10番の第1打は左に大きくそれた。「最初の打ち直しを気にしてしまった」と、その後もティーショットは全体的に乱れ気味だった。

 しかし、パットで「どうかなと思った微妙な距離を入れられた」ことで徐々に調子を取り戻した。パー5の17番、最終ホールの9番もバーディーを決め、ホールアウトでは笑顔も見せた。「1オーバーにとどまり、よく修正できた。ミスするときは体の方向が悪いときなので、アドレスだけ気をつける」

 通算3アンダーで挑む最終日。これまで3日目にスコアを落とすことが多かったが「いつも最終日のスコアはいい。自信を持ってやりたい」。祖父母や友人も応援に来てくれるといい、地元でナイスプレーを見せたいところだ。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。