ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
220日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

約50団体が参加

福祉や防災グッズ集合 松山でフェア

2018年11月18日(日)(愛媛新聞)

介護ロボットを集めたコーナーを見て回る参加者

介護ロボットを集めたコーナーを見て回る参加者

 福祉用具や防災グッズなどを集めた「第9回えひめ福祉博&ライフサポートフェア2018」が17日、松山市南持田町の愛媛銀行研修所であった。参加者は荷物の持ち運びなどを支援する「マッスルスーツ」などさまざまな新しい技術に関心を向けていた。

 フェアは健康で長生きできる社会を目指そうと、NPOえひめライフサポート協会が毎年開催。今回は県内外の約50団体が参加した。

 介護ロボットを集めたブースでは、ベッドで寝ている人の動きを確認するセンサーや書く動きを補助する機材などがずらり。四国八十八カ所の各霊場の砂を下に敷いたカーペットを歩き、巡礼体験をするコーナーでは、神妙な面持ちで手を合わせて住職からお守りを受け取っていた。西日本豪雨の被害状況を伝えるコーナーもあった。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。