ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
219日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

第1日

大王製紙エリエール女子ゴルフ 丹32位、河本72位発進

2018年11月16日(金)(愛媛新聞)

10番でティーショットを放つ河本結=エリエールGC松山

10番でティーショットを放つ河本結=エリエールGC松山

9番でティーショットを放つ丹萌乃=エリエールGC松山

9番でティーショットを放つ丹萌乃=エリエールGC松山

10番でティーショットを放つ河本結=エリエールGC松山

10番でティーショットを放つ河本結=エリエールGC松山

9番でティーショットを放つ丹萌乃=エリエールGC松山

9番でティーショットを放つ丹萌乃=エリエールGC松山

 大王製紙エリエール・レディース第1日は15日、エリエールGC松山(6525ヤード、パー72)で行われ、ツアー通算14勝の有村智恵が1イーグル、6バーディー、1ボギーの65をマークして単独首位に立った。1打差の2位で、初優勝を目指す23歳の権藤可恋と、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)が続いた。

 鈴木愛は68で回って比嘉真美子らと5位で並び、賞金ランキング2位の申ジエ(韓国)は69で8位。今大会で単独6位以内に入れば賞金女王が決まるアン・ソンジュ(韓国)は71で、丹萌乃(西条市出身、フリー)らと並び32位発進となった。河本結(松山市出身、エリエール)は74で72位タイだった。(賞金総額1億円、優勝1800万円)

 

◆応援背に伸びしろつかむ 丹・河本◆

 プロとして初めてエリエール・レディースに出場した丹と河本。何度も回った地元のコースで、ともに成長の伸びしろを見つけた初日だった。

 1アンダーで18ホールを回り終えた丹。4連続を含む7バーディーで、一時は首位に並んだだけに「もったいなかった」と15~17番での失速を悔いた。

 16番(パー3)はダブルボギー。14、15番とファーストパットが弱かった分「パーパットを強めに打ってしまった。距離感がつかめ切れていなかった」と4パットを要した。

 地元西条から応援に駆けつけてくれた人もいたという。「土日しか見に来られない人もいるので、上に残らないと」と気合を入れ直した。

 「結ちゃん頑張って!」。河本の10番ティーショット後、観客から声援が飛んだ。

 地元の応援に応えたい気持ちが入りすぎたのかもしれない。特に後半は、何度もバーディーチャンスをつくったが、パットを全て外してしまった。「自分の下手さにげんなり。一つでも入っていれば流れに乗れたはず」

 昨年の賞金女王鈴木愛、昨年大会覇者の申ジエと同組で回った。「2人は勝負どころで必ず決めていた。ゴルフの質や気持ちのコントロールの面で、もっと成長しないと」と河本。一流選手のプレーから見つけた課題の修正を誓った。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。