ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
627日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

トークや車いす体験

障害者スポーツに親しんで 松山でイベント

2018年11月10日(土)(愛媛新聞)

車いすの操作体験もあったパラスポーツイベント

車いすの操作体験もあったパラスポーツイベント

 障害者スポーツを通して共生社会づくりを目指すイベントが10日、愛媛県松山市築山町の市青少年センターであった。参加者は競技者を取り巻く現状や課題を共有しあうトークや、車いすの体験を通し理解を深めた。

 障害者スポーツを支援する市内のNPO法人「School Green Japan」が主催。トークでは、車いすテニスや車いすツインバスケットボールの競技者らが登壇。「一定レベルに達した選手を指導できるトレーナーやコーチが不足している」「(企業スポンサー探しといった)活動資金を集めるノウハウを教えてもらえると助かる」といった課題が共有された。

 車いすの操作体験では、競技者の先導でポールを交わすように移動したり、ボールをドリブルしたりして魅力を体感していた。

 同法人の三上伸人理事長(56)は「パラスポーツ普及や振興のため、(競技者や支援者らの)横のつながりを活性化しながら今後も活動したい」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。