ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

一足早い干支のニュース

海を泳ぐイノシシ発見 四国中央沖

2018年11月7日(水)(愛媛新聞)

四国中央市土居町蕪崎沖を泳ぐイノシシ=7日午前11時半ごろ(今治海上保安部提供)

四国中央市土居町蕪崎沖を泳ぐイノシシ=7日午前11時半ごろ(今治海上保安部提供)

 6日午前11時半ごろ、愛媛県四国中央市土居町蕪崎沖約3キロの燧灘で、パトロール中の今治海上保安部巡視艇「せとぎり」が、体長1メートル未満のイノシシ1頭が泳いでいるのを発見。左右に尻を振って懸命に進む姿に乗組員から笑みがこぼれた。

 同海保によると、乗組員が黒い漂流物を見つけた。回収しようと近づくとイノシシで、猛進することなく優雅に犬かき中。撮影する若手乗組員にピンクの鼻を向けて近づき、「かわいい」と見守られながら北の広島県方面へ消えていった。

 目撃ポイントから陸地へは最短でも約10キロ先の股島(香川県観音寺市)という。来年のイノシシ年の年男で同海保管理課の岩本大輔さん(35)は「えとのニュースにはちょっと早かったが、何とか無事に陸にたどり着いていてくれれば」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。