ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

陸上ゴールドマスターズ

向井(女子60歳代)やり投げV

2018年11月7日(水)(愛媛新聞)

【男子65歳代 新居田2冠達成】

 陸上の国際ゴールドマスターズは10月27、28の両日、奈良市のならでんフィールドで行われた。愛媛関係は、女子60歳代の向井京子(砥部)がやり投げで28メートル63の日本マスターズ新記録を出して頂点に立った。男子65歳代の新居田哲司(今治)は、100メートルで12秒91の大会新記録を出し60メートルと合わせて2冠を達成した。

 男子45歳代の定由征司(今治)は60メートルと100メートルで、同85歳代の平田数秋(西条)は砲丸投げとやり投げで、女子65歳代の田中やす子(松山)は走り幅跳びと立ち五段跳びで、それぞれ2冠を獲得した。男子45歳代の尾上泰士(砥部)は400メートル障害で優勝した。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。