ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松前町北川原

福祉施設で園児ら植樹活動 MP選手も参加

2018年11月7日(水)(愛媛新聞)

エンゼル幼稚園の園児と一緒に植樹する関係者

エンゼル幼稚園の園児と一緒に植樹する関係者

 松前町北川原の総合福祉施設エンゼルでこのほど、植樹活動があり、福祉関係者など約30人がハナミズキの苗木3本を植えた。

 大阪府枚方市の社会福祉法人「わらしべ会」を支援する団体「わらしべと共に歩む会」(同市、松本秀作代表世話人)が全国の福祉施設や学校などで実施している。

 この日は松本代表世話人(56)やエンゼルの利用者のほか、エンゼルに併設する認定こども園「エンゼル幼稚園」の園児、愛媛マンダリンパイレーツの正田樹投手ら3選手が参加。参加者は中庭でスコップを手に、大きく成長するよう願いながら苗木の根元に丁寧に土をかぶせた。

 東日本大震災をきっかけに活動を全国に広げたといい、松本代表世話人は「緑が増えれば人も癒やされる。同じように福祉の理解や連携も広まってほしい」と話していた。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。