ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
713日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内外から約550人が参加

石鎚望み水都駆ける 西条でサイクリングイベント

2018年11月6日(火)(愛媛新聞)

赤く色づき始めた木々を横目に懸命にペダルを踏むサイクリスト

赤く色づき始めた木々を横目に懸命にペダルを踏むサイクリスト

 サイクリングイベント「いしづち山麓SWEETライド」が4日、西条市氷見の西条西部公園を発着点とするコースであり、県内外の約550人が深まる秋の景色を楽しみながら自転車で水都を駆け抜けた。

 市などでつくる実行委員会が主催し、4回目。78キロのロングコースと30キロのファミリーコースがあり、5カ所設けたエイドステーションでは地元農産物を使ったスイーツや軽食を振る舞った。

 参加者は海沿いから山あいまで起伏に富んだコースを懸命に走行。石鎚山へ続く加茂川沿いの道は、渓谷の木々が赤やオレンジに色づき始めており、参加者は足を止めて景色を写真に収めていた。

 石鎚ふれあいの里(同市大保木)では、春に採ったヨモギでよもぎ団子を提供。フェリーで大阪市から来た樋口さゆりさん(51)は「しんどいけど、スイーツがあるので頑張れる。団子と豚串がおいしかった」と満喫していた。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。