ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国中央

すし職人が障害者支援施設で調理

2018年11月6日(火)(愛媛新聞)

すし職人(左)の手ほどきを受けて握りずしを作る利用者

すし職人(左)の手ほどきを受けて握りずしを作る利用者

 握りたてのすしを障害者に楽しんでもらおうと、四国中央市内のすし職人10人が1日、同市妻鳥町の障害者支援施設「太陽の家」で調理を実演し、利用者68人に振る舞った。

 四国中央すし商組合(9店)が全国すしの日(11月1日)に合わせて実施し、31回目。のれんやネタケースを設置したカウンターで、法被姿の職人がマグロ、カンパチなど5種類のにぎりずしや巻きずしを手際よく作った。利用者は職人と巻きずしやにぎりずし作りも体験し、笑顔が絶えなかった。

 高橋幸一郎施設長(58)は「みんな楽しみにしている。長年貴重な場を提供していただきありがたい」と感謝した。組合長の松本浩二さん(74)は「本格的なすしの雰囲気を味わってもらいたいとの思いで続けている」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。