ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1211日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

継続は力なり 笠原式バスケレッスン

①ストレッチ編

2018年11月6日(火)(愛媛新聞ONLINE)

 みなさんこんにちは、愛媛オレンジバイキングス、背番号16番の笠原太志です。

 バスケットを始めたばかりの人に向けて、バスケットがもっと楽しくなる、もっとうまくなる、名付けて「継続は力なり 笠原式バスケレッスン」をスタートします。

 第一回はストレッチや体幹トレーニングを取り上げます。

 

 普段お使いのタオルを下に敷いてください。まずは、左太ももの裏を伸ばします。

 右の足を曲げ、左の足を伸ばします。できる方はつま先、もっと届くという方はかかとをつかんでください。息を吐きながら20秒ほど曲げていきます。注意ポイントは、背中だけを丸めるのでなく、しっかり、背中をまっすぐにした状態で曲げましょう。

 

 続けて、開脚をしていきます。内転筋が伸びるのですが、ここはディフェンスのスライドをするのに重要な筋肉になるのでしっかりと伸ばしていきましょう。足を開脚した時に膝が上がらないように、まっすぐ伸びるように意識してください。伸びない人は狭めてかまいません。倒す時も、背中が曲がらないように、腰からまっすぐ倒しましょう。先ほどと同様に20秒ほど数えて、伸ばしましょう。

 

 

 

 続いてお尻の筋肉を伸ばしていきましょう。お尻の筋肉はジャンプするとき、腰を落とす動作の時に重要になります。左足を伸ばす場合、左足でL字を作り、右足は後ろにL字に。この状態のまま体を前に倒していきます。人によっては伸びる角度が異なります。角度を変えながら伸ばしていきましょう。背中が丸まらないように腰から折るようにしてください。横向きに見るとこうなります。

 

 

 

 続いてはふくらはぎの筋肉を伸ばします。ふくらはぎには、右側と左側に大きな筋肉があり、両方を伸ばします。かかとをしっかりと地面につけ、足を壁にもたれ掛けます。この体勢でゆっくり壁にもたれかかっていきます。

 

 もう一つのふくらはぎの伸ばし方ですが、片足を後ろに伸ばした状態で両手を前につきます。その状態で前に出ている足を後ろの足にかけてください。ポイントは伸ばす側の足のかかとを浮かないようにすることです。この状態で少しずつ前に進みます。

 

 

 

 次は肩のストレッチをします。最初は三角筋を伸ばしていきます。パスをするときや、シュートを打つ時に重要になるのでしっかりと伸ばしていきましょう。ポイントは伸ばす方の腕をしっかりと伸ばしましょう。

 もうひとつの肩のストレッチをします。片腕を後ろに回して、三角を作り、体をまっすぐにして肘を奥へもっていく感じです。ポイントは体を倒さないことです。

 

 肩のストレッチの最後ですが、手を前につき、四つん這いの状態からお尻を引き、体が反るようにしてください。背中を反るということと、お尻を下げるイメージです。

 

 ストレッチは、けがをしないために重要なことなので、皆さんもしっかりとやって、けがの予防をするようにしましょう。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。