ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1211日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

大洲で復興イベント

夜空に華、鎮魂と激励 花火2550発打ち上げ

2018年11月4日(日)(愛媛新聞)

大勢の市民が見守る中、大洲市の夜空に舞った打ち上げ花火=3日午後5時55分ごろ、同市中村

大勢の市民が見守る中、大洲市の夜空に舞った打ち上げ花火=3日午後5時55分ごろ、同市中村

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた大洲市で3日夜、復興を願う2550発の花火が打ち上げられた。大輪の花が晩秋の夜空を彩り、犠牲者を悼むとともに、復興に向けて尽力する市民らを励ました。

 同市では今夏、豪雨被害の影響で、予定されていた六つの花火大会が中止になった。今回の花火は、さみしい思いをした子どもたちに喜んでもらおうと大洲青年会議所(JC)が企画。全国からの支援も得て「大洲まつり」内の復興イベントとして実施した。

 午後5時49分、カウントダウンに合わせて、肱川河川敷から打ち上げを開始。大洲城をバックに次々と華やかな花火が空を舞った。

 約15分間のささやかなショーだったが、1発ごとに大きな歓声が起こり、会場に笑顔があふれた。大洲JCの松井崇理事長は「皆さんの楽しそうな顔が見られたことが何よりうれしかった。大洲は必ず復興する」と目を潤ませながら力強く誓った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。