ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛・鬼北町

バウムクーヘン新作「柚子ばうむ」、イベントでお披露目

2018年11月1日(木)(愛媛新聞)

ユズ風味が誕生し、3種類がそろった日吉夢産地のバウムクーヘン

ユズ風味が誕生し、3種類がそろった日吉夢産地のバウムクーヘン

 愛媛県鬼北町下鍵山の道の駅「日吉夢産地」は3日に実施する「秋の大収穫まつり&ゆずまつり」でバウムクーヘンの新商品を販売する。地域特産のユズ風味で名前は「柚子(ゆず)ばうむ」。春に開発し販売中の「鬼ばうむ」「媛ばうむ」に加え、同駅にある女性の鬼のモニュメント「柚鬼媛(ゆきひめ)」の漢字3文字にちなんだ3種類が出そろった。

 同駅では、4月にハードタイプ(鬼)とソフトタイプ(媛)のバウムクーヘンを発売。好評だったことから6月ごろから3種類目の開発に着手し、地域特産のユズの風味がほんのりと効いた一品に仕上げた。

 地域の新しいお土産にと、2016年11月に同駅に設置された「柚鬼媛」の関連商品として開発した。3種類とも箱なし950円、箱入り1250円。

 お披露目となる3日は「柚子ばうむ」を限定販売。まつりでは蛇口から出るゆずジュースの提供や、地域の農産物の品評会なども実施する。

 同駅の大森千秋社長(61)は「地域の秋を感じられる行事。ぜひ足を運んでもらいたい」と呼び掛けている。問い合わせは日吉夢産地=電話0895(44)2340。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。