ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
617日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

21日・松山

障害者と地域住民がフェスで交流

2018年10月26日(金)(愛媛新聞)

車いすを使ったスポーツを体験する参加者

車いすを使ったスポーツを体験する参加者

 障害のある人と地域住民が交流するイベント「ほほえみフェスタ」が21日、松山市道後町2丁目の県身体障がい者福祉センターであり、大勢がバザーや催し物を楽しんだ。

 県社会福祉事業団が開催し13回目。松山市や東温市の障害者就労事業所など19施設が参加した。

 利用者らは手作りのクッキーやペンダントなどを販売。住民や知人らとのやりとりを楽しんでいた。障がい者スポーツや歩行誘導路、介護ロボットなどの体験コーナーもあった。

 車いすを使ったスポーツ「スラローム」を体験した味酒小学校5年の女子児童(10)は「車いすは初めて。後ろに下がるのが難しかったけど楽しかった」と笑顔で話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。