ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
825日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校サッカー4強

前半1分の得点守る 済美

2018年10月21日(日)(愛媛新聞)

【準々決勝 松山工―済美】安定した守備で完封勝ちに貢献した済美・中矢(7)と清水(22)=北条スポーツセンター球技場

【準々決勝 松山工―済美】安定した守備で完封勝ちに貢献した済美・中矢(7)と清水(22)=北条スポーツセンター球技場

 準々決勝で唯一のシード校対決となった一戦は、済美が立ち上がりの1点を守り抜き、前年度優勝の松山工を下した。

 緊迫したキックオフ直後、前半1分だった。味方のシュート性のボールを、FW岡田がゴール前で足元に収めた。即座に反転してシュートを放ち、プロ注目のGK伊藤を擁する松山工からいきなり先制。「相手GKは背が高い。ゴロで打つと意識していた」と岡田。開始直後に生じた隙を抜け目なく突き、流れを引き寄せた。

 集中した守備も光った。ショートパス中心の松山工対策として、センターバックに対人能力の高い1年生清水を起用。カバーリングに優れた中矢とのコンビで相手のポストプレーを封じ込め、2試合連続で完封した。抜てきに応えた清水は「得意なプレーをしっかり出せた」と語った。

 3年連続の4強進出となったが、大会前は必ずしも好調ではなかったという。それが勝ちを重ねることで「みんなが一つになっている」(中矢)と自信を深めている。「守る時間が長くなったが、その分集中力をつけられた。毎試合力を上げている」と田丸監督。1週間でどこまで成長するか。わくわくさせてくれるような勢いが、このチームにはある。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。