ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

17日・東京

パラ選手を支援 鈴木長官に説明 松山のNPO法人

2018年10月18日(木)(愛媛新聞)

スポーツ庁の鈴木大地長官(左)にパラワクの活動を紹介する中野泰誠副理事長=17日午後、東京・霞が関

スポーツ庁の鈴木大地長官(左)にパラワクの活動を紹介する中野泰誠副理事長=17日午後、東京・霞が関

 愛媛からパラリンピックや国際大会を目指すパラアスリートの活動を支援するNPO法人「パラワク」(松山市)の中野泰誠副理事長が17日、東京・霞が関のスポーツ庁で鈴木大地長官と面会し、設立の経緯や活動内容などを説明した。

 中野氏は、地元企業とパラアスリートをつないで有望な選手を育てるとともに、大成する選手に限らず社会人としての歩みを支援していくという方向性を説明。県内のパラアスリートを紹介する動画の作成をはじめ、選手の受け皿づくりや就労支援の働き掛けといった取り組みを紹介した。

 鈴木長官は、企業だけでなく大学にも障害者スポーツを支援する体制が必要と助言。「地方で活動をしてくれるのは助かる。応援している」と応じた。

 面会後、中野氏は「地方での環境整備は難しいが、障害者と健常者が関わり合える体制をつくりたい」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。