ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第5日 代表決定戦【松山聖陵 9-3 今治西】初回5点、松山聖陵一気 今治西追い上げ及ばず

2018年10月15日(月)(愛媛新聞)

【今治西―松山聖陵】1回表松山聖陵2死満塁、川口が先制の内野安打を放つ=坊っちゃんスタジアム

【今治西―松山聖陵】1回表松山聖陵2死満塁、川口が先制の内野安打を放つ=坊っちゃんスタジアム

 【評】序盤の好機を逃さず、大量点を奪った松山聖陵が勝ちきった。

 初回、2死満塁で6番川口が適時内野安打を放ち先制。その後も押し出し死球と岸田、平安山の連続適時打で一挙5得点。二回に1点を追加し、三回には1死満塁から田窪、折田の適時打などでリードを広げた。先発平安山は8回3失点で試合をつくった。

 今治西は五回に深川、六回は曽我のタイムリーで点差を詰めたが追い付けなかった。

 

【「つなぐ野球」で底力 松山聖陵が最後の1枠】

 初回に5点を奪う一気呵成(かせい)の攻撃で、四国大会最後の出場枠に滑り込んだ松山聖陵。打者10人の得点劇を生んだのは、持ち味の「つなぐ野球」だった。

 ビッグイニングは2死一塁から始まった。4番の折田は「まずは1点ずつ。つないでいこう」と冷静だった。5球目を捉えて内野安打で出塁し、流れを呼び込んだ。

 四球をはさみ2死満塁で打席に立った1年川口は「先輩たちがつないだチャンス。絶対にものにする」。相手投手のスライダーにタイミングを外されたが「気持ちで持っていった」。打球は横っ跳びした一塁手のグラブをかすめる内野安打となり先制点を奪った。

 この回は折田から四死球をはさみ6人連続で出塁し大量得点につなげた。松山聖陵のヒット12本は全て単打ながらも、つなぐ野球で第1シードの今治西を下した。

 川口は「素直にうれしい。四国大会は一戦必勝で、最後まで諦めない気持ちで臨む」と県3位からの巻き返しを誓った。

 

◆先制で楽に投げた◆ 

 【松山聖陵・平安山投手】(今大会初先発。8回3失点の粘投)「初回に点を取ってくれたので楽に投げられた。四国大会はレベルの高い試合になると思うが、自分にできる役割を果たして選抜大会出場を目指す」

 

◆勝負強さが足りず◆ 

 【今治西・沢田主将】(敗戦に)「立ち上がりから相手に流れが傾き、そこから点を返さないといけなかったが、チャンスで一本が出ず勝負強さが足りなかった。長い冬になると思うが、全ての面でレベルアップしたい」

 

◆自分のリード反省◆

 【今治西・土居捕手】(2安打。初回の5失点に)「打席では少しでもピッチャーを楽にさせようとつなぐことを意識した。配球面など自分が投手をしっかりとリードすることができず大量失点につながってしまった」

 

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。