ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1210日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校サッカー

松山北など8強に進出

2018年10月14日(日)(愛媛新聞)

【2回戦 松山東―八幡浜工】前半10分、八幡浜工・松田健(右)が先制点を決める=北条スポーツセンター陸上競技場

【2回戦 松山東―八幡浜工】前半10分、八幡浜工・松田健(右)が先制点を決める=北条スポーツセンター陸上競技場

 サッカーの第97回全国高校選手権県大会第2日は13日、今治スポーツパークなどで2回戦8試合を行い、松山北が第2シードの今治東を破り、準々決勝に進出した。このほか宇和島東などシード4校と大洲、八幡浜工、帝京第五が8強入りした。

 松山北は後半21分、吉田のパスから竹内がシュートを決めて先制。これが決勝点となった。第1シードの宇和島東は豊田のハットトリックなど大量6ゴールで新居浜工との点の取り合いを制した。

 大会第3日は20日、北条スポーツセンター陸上競技場などで準々決勝4試合を行う。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。