ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1024日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第4日 準決勝【聖カタリナ学園 10-3 松山聖陵】爆発力、聖カタリナ 松山聖陵、のまれる

2018年10月14日(日)(愛媛新聞)

【松山聖陵―聖カタリナ学園】1回表聖カタリナ学園1死満塁、藤岡が左前に適時打を放ち先制する=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―聖カタリナ学園】1回表聖カタリナ学園1死満塁、藤岡が左前に適時打を放ち先制する=坊っちゃんスタジアム

 【評】初回の猛攻で主導権を握った聖カタリナ学園がコールド勝ちした。

 初回、田中翔、石川、浪花の3連打で満塁とし、藤岡の左前適時打で先制。川口の2点タイムリーや押し出し死球、敵失など打者一巡の攻撃で一挙8点を奪った。七回に田中翔の適時三塁打で試合を決めた。投げては宇都宮、石川のリレーで3失点に抑えた。

 松山聖陵は四回に大村の2点タイムリー、五回にも1点を返したが、及ばなかった。

 

◆貢献まだ足りない◆

 【聖カタリナ学園・浪花二塁手】(3安打に)「直球を待ちながら変化球も頭に入れ、チームで徹底しているノーステップ打法でうまく対応できた。ヒットは打てたがチームへの貢献度ではまだまだ物足りないと思う」

 

◆得点へ つなぐ意識◆

 【松山聖陵・折田中堅手】(五回にタイムリーを放つ)「何が何でも1点を取りたかったのでつなぐ意識で打った。当たりは厳しかったがヒットになってよかった。次の試合に勝って四国大会に滑り込みたい」

 

◆代表決定戦に勝つ◆

 【松山聖陵・大村一塁手】(2安打2打点)「チャンスで打てたのは良かったが、初回に点を取られてしまい攻守のリズムをつくれなかった。まずは代表決定戦に勝つことが大事。1番打者としてチャンスメークしていく」

 

【初回着火 一挙8点】

 聖カタリナ学園は初回から自慢の打線が爆発、計14安打10得点で勝利し初の四国大会出場を決めた。

 初回、上位陣の連打でいきなり一死満塁のチャンス。5番藤岡が「狙っていた」とインコースのまっすぐを振り抜き、レフトへの先制適時打で試合の流れを引き寄せた。6番川口も「自分の仕事をしっかり果たせた」と、真ん中のチェンジアップを迷わず打ち返してあっさりと3点を先取。その後も四死球と敵失などで8点を奪い大量リードに成功した。

 9―3で迎えた七回、敵失で塁に出た田中孝を三嶋がバントで送り1死二塁。打席に入った主将田中翔は「このままずるずる試合が進むとひっくり返される可能性もあった。とにかく点を取ろうと打席に入った」。待っていた直球を狙い、この日4本目のヒットで10―3。再びリードを広げコールド勝ちを呼び込んだ。

 新チームも今年の3年生が率いたチームと同様に打棒が魅力。田中翔も「チャンスで一本出すところ、初球から強いスイングすることを徹底してきた」と自信をみせる。「攻撃で相手を圧倒し、一つでも多くホームを踏みたい」(田中翔)と打ち勝つことを誓った。

 

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。