ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1019日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山

海の恵みに感謝 魚供養まつり

2018年10月12日(金)(愛媛新聞)

魚供養まつりで海にヒラメなどを放つ関係者

魚供養まつりで海にヒラメなどを放つ関係者

 水産市場と業界の発展を願う「魚供養まつり」が11日、愛媛県松山市三津ふ頭の市公設水産地方卸売市場であった。参加した関係者約75人が神事などを通じて、海と生き物に感謝の気持ちを伝えた。

 市水産市場運営協議会が毎年開催しており、31回目。

 神事の後、協議会の嶋矢俊次会長が「安全で安心な魚介類の安定的な供給に日々努めることが使命だ」とあいさつ。関係者が市場で扱うタイやヒラメを海に放ち、豊漁を願った。

 市市場管理課によると2017年の同市場の総取扱量は1万36トン。消費者の魚離れや、大手スーパーが市場を通さず直接産地から仕入れるといった流通経路の変化などの影響で、近年は減少傾向が続いているという。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。