ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1024日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

健闘誓う

全国障スポ大会県選手団の結団式 松山

2018年10月12日(金)(愛媛新聞)

大会での活躍を誓う県選手団のメンバー=11日午後、松山空港

大会での活躍を誓う県選手団のメンバー=11日午後、松山空港

 13日から福井県で開かれる第18回全国障害者スポーツ大会の愛媛県選手団結団式が11日、松山市南吉田町の松山空港であり、選手71人がメダル獲得に向けて健闘を誓った。

 大会は15日まで3日間あり、全国から選手・役員約5500人が参加する。県勢は陸上、水泳などの個人6競技に56人、団体競技のフットベースボールに15人が出場する。

 結団式では、フライングディスクに初出場する森岡幾子さん(64)=内子町身体障害者更生会=が「これまで支えてくれた家族、仲間たちへの感謝の気持ちを忘れず、全国の選手との交流を深め、正々堂々と競技に取り組む」と力強く宣誓した。

 県勢は2017年の愛媛大会で、過去最高のメダル121個(金54、銀30、銅37)を獲得している。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。