ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1019日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山聾学校

陸上部 記録アップ掲げ日々練習

2018年10月10日(水)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 

 松山聾学校陸上部は高等部の男子3人が所属。記録アップを共通テーマに活動しています。同校の高校生記者3人が10月10日、グラウンドでトレーニングする部員の取り組みを追いました。

 陸上部員は1年生1人、2年生2人で、中・長距離、跳躍、投てきと得意種目が分かれています。6月の県高校総体の舞台に立ったり、9月の県高校新人大会のハンマー投げで7位になった選手がいます。

 記事担当の2人は3人全員にインタビュー。手話を交え、陸上を始めたきっかけや魅力、目標などを聞き出しました。顧問の金並正教教諭(39)も取材。指導モットーや部員に期待することなどを質問しました。金並教諭は「部員は合宿などで率先して練習の準備をするところが素晴らしいと思う。自覚と自主性を持って努力してほしいし、それをサポートするのがわれわれの役目」と答えていました。

 カメラ担当は脚立に乗って部員の動きを追いました。指導する愛媛新聞社の講師から「いい場面を抑えている」とOKサインが出ると、思わず笑みを浮かべていました。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。