ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
325日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福井国体

日野(松山工高出)成年男子ウエルター級 準V

2018年10月10日(水)(愛媛新聞)

【成年男子ウエルター級決勝】準優勝を果たした日野魁人(左)=8日、福井県産業会館

【成年男子ウエルター級決勝】準優勝を果たした日野魁人(左)=8日、福井県産業会館

【接近戦で胸張る攻勢】

 「チャンピオンめっちゃ強かったですね。自分がここまで来られるとは思っていなかった。やりきりました」。汗をぬぐいながら、日野魁人は晴れ晴れとした表情で話した。

 準々決勝、準決勝ともに強敵を3―2と僅差の判定で破って決勝へ。相手は昨年の愛媛国体王者。互いにスロースターターで、最終第3ラウンドは気持ちのぶつかり合いになった。「最後だから行こう」。コンパクトで速い相手の左ストレートに苦戦しながらも前進を止めず、ロープ際に追い詰める場面も。ジャブを刻み、接近戦では左右のボディーを攻めた。

 昨年は直前にコンディションを崩し、5位に入賞しながらも悔いを残した。もともとは地元での国体を最後に一線を退くつもりだったが、不完全燃焼のまま大学4年を迎え、ふと国体予選のことが頭に。「指導者や周りの方々からも出てみたらと言われて」再び国体の舞台で戦うことを決心した。

 決勝の勝者を告げるアナウンスでは名前を呼ばれなかったが、準優勝を果たし、胸を張ってリングを後にした。「本当は6月でやめるつもりだった。よく頑張ったと思う」。謙虚な語り口で自分自身をねぎらい、グローブを置いた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。