ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

約800人が参加

松山でえひめファミスポフェスタ

2018年10月10日(水)(愛媛新聞)

「えひめファミスポフェスタ」で元気よく体を動かす子どもたち

「えひめファミスポフェスタ」で元気よく体を動かす子どもたち

 スポーツの楽しさを感じてもらうイベント「愛顔(えがお)つなぐ えひめファミスポフェスタ」が8日、松山市上野町の県総合運動公園であった。秋晴れの下、県内の家族連れら約800人が、元気よく体を動かした。

 昨年の愛媛国体を契機に、県民のスポーツ文化を育もうと、県スポーツ振興事業団と南海放送が初めて開催した。

 会場では、ニンジニアスタジアムのグラウンドを利用した「芝生ヨガ」や、バルセロナ五輪の陸上400メートルに出場した渡辺高博さん=新居浜市出身=による走り方教室のほか、吹き矢大会、赤ちゃんのハイハイレースなど老若男女が楽しめるプログラムがあった。

 家族で100メートルを走るリレーでは、バトンパスで親子が「ハイ」と声を掛けながら息のあったレースを展開し、爽やかな汗を流していた。今治市桜井小学校2年の児童(8)は「1位は取れなかったけど家族みんなで走ることができてよかった。大きなスタジアムで思いっきり運動できて気持ちいい」と満足していた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。