ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
421日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第3日・準々決勝【聖カタリナ 5-0 八幡浜】聖カタリナが完封 八幡浜打線 得点遠く

2018年10月10日(水)(愛媛新聞)

【八幡浜―聖カタリナ学園】八幡浜打線を完封した聖カタリナ学園・宇都宮=8日、坊っちゃんスタジアム

【八幡浜―聖カタリナ学園】八幡浜打線を完封した聖カタリナ学園・宇都宮=8日、坊っちゃんスタジアム

 【評】聖カタリナ学園が完封勝ちした。宇都宮はテンポよく打たせて取り、三回以降は二塁を踏ませなかった。12安打と活発だった打線は、二回に田中孝の右犠飛で先制。四回にも川口、田中孝の連打で2点を追加した。

 八幡浜は先発の菊池が苦しみながらも1人で投げきった。打線は散発の2安打と、得点が遠かった。

 

◆腕振るだけだった◆

 【聖カタリナ学園・宇都宮投手】(9回2安打で完封)「捕手の田中孝にリードは任せて、自分は腕を振るだけだった。厳しい試合が続くと思うが、バッティングでも貢献して四国大会、そして選抜大会出場を目指す」

 

◆強い気持ちで臨む◆

 【聖カタリナ学園・川口左翼手】(4安打1打点)「1回戦は無安打だったので、必ず打つと強い気持ちで臨んだ。頑張っていた先発の宇都宮に、打って応えられて良かった。準決勝もチームバッティングを心掛ける」

 

◆捉えきれず悔しい◆

 【八幡浜・阿部倖右翼手】(2安打と気を吐く)「悔しい。強いゴロを打って走者をためたかったが、相手投手は直球と変化球の組み合わせがよく、捉えきれなかった。投打に力をつけて、つなぐ意識を高めていきたい」

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。