ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1115日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第3日・準々決勝【済美 0-7 今治西】今治西 投打で圧倒 済美は好機生かせず 

2018年10月10日(水)(愛媛新聞)

【今治西―済美】4回裏今治西1死三塁、宮本のスクイズで三走・武田が生還し、4―0とリードを広げる=8日、坊っちゃんスタジアム

【今治西―済美】4回裏今治西1死三塁、宮本のスクイズで三走・武田が生還し、4―0とリードを広げる=8日、坊っちゃんスタジアム

 【評】投打のかみ合った今治西が押し切った。二回に武田の中前適時打などで3点を先制。四回も宮本のスクイズや山本の適時三塁打で2点を追加するなど、得点を重ねた。先発村上は7回無失点、11三振と力投した。

 済美は四回まで得点圏に走者を進められず。0―5の五回に2死満塁としたが、あと一本が出なかった。

 

◆夏の負け取り返す◆

 【今治西・村上投手】(7回11三振の好投)「済美は強打のチームなので、内角を使って攻めの気持ちで投げた。夏の県大会で負けた分を取り返すため、自分が投げて勝ちたかった。次につながるピッチングができた」

 

◆次も流れ乗りたい◆

 【今治西・武田三塁手】(2安打2打点)「上位の選手がつないでくれたので、楽な気持ちで打席に入った。(二回の中前適時打は)外角の直球に体が開かないよう気を付けた。次も流れに乗ったバッティングがしたい」

 

◆各打者 振り負けた◆

 【済美・芦谷主将】(無得点で敗れ)「夏から投げている相手投手の直球に、各打者が振り負けていた。チャンスもあったが、一球を捉える力が足りなかった。冬の間に投打を鍛え直し、チーム一丸となって頑張りたい」

 

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。