愛媛新聞ONLINE

2021
34日()

新聞購読
新規登録
メニュー

福井国体・第9日

柔道 成年男子・女子ともに5位

2018年10月8日(月)(愛媛新聞)

【成年男子準々決勝 愛媛―愛知】得意の組み手を駆使し反則勝ちした愛媛の次鋒・立川(右)=福井県立武道館

【成年男子準々決勝 愛媛―愛知】得意の組み手を駆使し反則勝ちした愛媛の次鋒・立川(右)=福井県立武道館

【成年男子準々決勝 愛媛―愛知】得意の組み手を駆使し反則勝ちした愛媛の次鋒・立川(右)=福井県立武道館

【成年男子準々決勝 愛媛―愛知】得意の組み手を駆使し反則勝ちした愛媛の次鋒・立川(右)=福井県立武道館

【昨年越えの雪辱ならず 成年男子】

 

 昨年4位の雪辱は果たせなかった。成年男子は準々決勝で敗れ5位。選手らは悔しさを口にした。

 

 初戦の2回戦を2―1で競り勝ち、続く準々決勝の相手は強豪・愛知。どこからでもポイントが取れる猛者がそろっていた。

 

 先鋒(せんぽう)の浅見が引き分け、組み手の得意な次鋒・立川が反則勝ち。優位に試合を進めるかと思われた。しかし中堅が敗れると、副将も引き分けて勝負の行方は大将戦に託された。

 

 愛媛の大将は最年長の影野。だが「気持ちが前に出過ぎた」と、開始1分すぎに大内刈りで一本負けし「大将が決めなければいけなかった。自分はまだまだだ」と振り返った。

 

 強豪相手に堂々と戦った選手を中村監督はねぎらい、「来年の国体に向けしっかり立て直しをする」と前を向いた。

 

 

 

【女子準々決勝 愛媛―鹿児島】果敢に攻める愛媛の中堅・立川桃(左)=福井県立武道館

【女子準々決勝 愛媛―鹿児島】果敢に攻める愛媛の中堅・立川桃(左)=福井県立武道館

【女子準々決勝 愛媛―鹿児島】果敢に攻める愛媛の中堅・立川桃(左)=福井県立武道館

【女子準々決勝 愛媛―鹿児島】果敢に攻める愛媛の中堅・立川桃(左)=福井県立武道館

【攻めきれず接戦敗れ涙 女子】

 

 「もう一つ技が出ていれば…」。選手はあふれる涙を止めることができなかった。愛媛国体で優勝した女子は準々決勝で敗れ、5位にとどまった。

 

 6日の2、3回戦とも接戦を勝ち上がってきたメンバー。寝技、立ち技ともに強い鹿児島との準々決勝は、内容差で決まる接戦となった。

 

 先鋒が合わせ技で敗れ、0―1で迎えた中堅戦。今大会で軸となってきた立川桃が果敢に攻めて優勢勝ちしたが、一本を取り切れなかった。副将の立川真、愛媛国体優勝メンバーの大将・井上も攻めきれず引き分けで終わった。

 

 井上は「もう少し上に行きたかった。悔しい」と肩を震わせたが、「成年と少年の混合チームで、昨年と同じくチームの雰囲気はよかった」と懸命に声を掛け合い試合に臨んだことには胸を張った。

 

 

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。