ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【今治西 6-2 松山東】今治西、先発好投12K 松山東、反撃2点止まり 

2018年10月7日(日)(愛媛新聞)

【今治西―松山東】12奪三振で完投した今治西・村上=西条ひうち球場

【今治西―松山東】12奪三振で完投した今治西・村上=西条ひうち球場

 【評】第1シードの今治西が無難な展開で初戦を突破した。三回、今村の三塁打で先制。六回にも武田、鈴木らの4連打で3点を追加した。先発村上は低めの速球を軸に被安打4、12奪三振の好内容で完投した。

 松山東は五回、村上雄、高橋の連打などで1点を返した。九回にも1点を加えたが、反撃は及ばなかった。

 

◆打線援護できず◆

 【松山東・二宮二塁手】(主将としてチームをけん引)「投手がいい流れをつくったが打線が援護できなかった。強く振れているが、ボールの見極めが課題。個々の役割を理解し、少ない好機をものにするチームを目指す」

 

【夏から成長 制球安定 今治西・左腕】

 今治西の左腕・村上が第1シードのプレッシャーをはねのける好投で初戦をものにした。前半は直球、後半は変化球と軸を変える投球がはまり12奪三振。長身の打者が並ぶ松山東を相手に低めのコースに投げ分ける投球が光った。

 夏の県大会準決勝、済美を相手に失点を重ね、最後は押し出し四球でコールド負けを喫した。「ランナーが出たときに崩れるところがあった」。雪辱に向け、クイックモーションで安定させる練習を積んだ。

 時折小雨が降る天候の中での登板だったが、制球を乱すシーンはほとんど見られなかった。捕手のサインにたびたび首を振るなど、マウンドでの存在感も高まっている。大野監督は「夏の反省を生かし、相手に向かっていく気持ちが見えた」と評した。

 四球からリズムを崩すことが多かった夏とは違う姿を見せた背番号1。初戦から「ストライク先行の投球ができたことを、次戦以降にも生かしたい」と好感触を得た様子だった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。