ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1024日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【松山城南 4-15 今治北】今治北 5回コールド 松山城南 投手陣が乱調

2018年10月7日(日)(愛媛新聞)

【松山城南―今治北】1回裏今治北1死一、三塁、矢野が適時打を放ち3―2と勝ち越す=西条ひうち球場

【松山城南―今治北】1回裏今治北1死一、三塁、矢野が適時打を放ち3―2と勝ち越す=西条ひうち球場

 【評】四球に単打を絡め大量得点の今治北が五回コールド勝ちした。初回に先制されたが、すぐに連続四球や暴投などで逆転。三回には四球や藤本の適時打などで一挙6点、四回にも赤尾の2点適時打などで突き放した。

 松山城南は三回、三塁打の佐久間が内野ゴロの間に生還するなど奮起したが、エースをけがで欠き先発、継投の乱調が響いた。

 

◆思い切りスイング◆

 【今治北・矢野遊撃手】(主将で3打数3安打の活躍)「思い切ったスイングができた。ベンチの雰囲気を盛り上げるよう意識してから、チームの調子は良くなった。つなぐ打線とピンチのときに積極的な守備を心掛けたい」

 

◆高校初登板は緊張◆

 【松山城南・松尾颯右翼手】(劣勢でも投打で奮起)「打撃は地区予選から好調で、あまり考えず打席に入った。高校初の登板は緊張からうまく投げられなかった。今後は力を入れ過ぎず、走者をかえす打撃を目指したい」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。