ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
520日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

台風25号

きょう6日最接近 県内 大雨や高波 警戒必要

2018年10月6日(土)(愛媛新聞)

 

 大型で強い台風25号は、6日昼前から昼すぎに県内に最も接近する見込み。松山地方気象台によると、局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、南予ではうねりを伴った高波への警戒を呼び掛けている。

 台風25号は5日、九州の西の東シナ海を北寄りに進み、6日には対馬海峡付近に達して日本海に進む見通し。九州から東日本の太平洋沿岸に停滞中の前線も北上するため、通り道となる西日本は大雨になる恐れがある。

 気象台は5日、南予の沿岸部に波浪警報、県内の広い範囲に強風や雷、大雨などの注意報を出した。6日夕方まで土砂災害にも注意が必要。

 6日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で東予120ミリ、中・南予100ミリ。最大風速は南予で陸上18メートル(瞬間30メートル)、海上23メートル(35メートル)。東・中予で陸上13メートル(25メートル)、海上18メートル(30メートル)。東予東部では6日夕方にかけてやまじ風の恐れがある。波の高さは南予でうねりを伴い4メートル、東・中予は2メートル。

 県内の交通にも影響が出ている。空路では5日、松山空港発着便のうち全日空の那覇往復便が欠航した。県内と九州や中国地方を結ぶ船便は夕方以降の便の運航を取りやめた。6日は三崎―佐賀関(大分県)の国道九四フェリーと八幡浜―別府・臼杵(同)の宇和島運輸の臼杵航路、松山―柳井(山口県)の防予フェリーが終日欠航を決め、九州に向かうほかの航路でも夜まで欠航する予定。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。