ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福井国体・第6日

サッカー女子、愛媛が有終3位

2018年10月5日(金)(愛媛新聞)

【女子3位決定戦 千葉―愛媛】後半17分、愛媛・上野(左)がゴールを決め2―0とする=丸岡スポーツランドサッカー場

【女子3位決定戦 千葉―愛媛】後半17分、愛媛・上野(左)がゴールを決め2―0とする=丸岡スポーツランドサッカー場

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第6日は4日、福井県坂井市の丸岡スポーツランドサッカー場などで行われ、愛媛勢はサッカー女子が3位に入った。

 

【気持ち切り替え戦い抜く】

 「みんなで優勝を目指していたので悔しいが、最後に勝って終われてよかった」と主将の阿久根。前日の準決勝の敗戦から気持ちを切り替え、危なげない試合運びで3位の結果を持ち帰った。

 序盤からボールを支配し、主導権を握った。前半10分、西川が右サイドから中央に切り込んで放ったパスを阿久根が右足で押し込み先制する。

 後半の立ち上がりは千葉に攻勢を許したが、集中した守備で切り抜けた。「追加点が欲しい時間帯。絶対に自分が決める」。後半11分、ここまで3試合で2得点の上野がピッチに入った。

 すると愛媛の攻撃スイッチが再び入る。17分、縦パスを阿久根がワンタッチで受け、スペースに走り込んだ上野がゴールネットを揺らした。「ほっとした」。上野がきっちりと役目を果たした。

 チームはプレナスなでしこリーグ2部の愛媛FCレディース(L)メンバーで構成。毎週末にあるリーグ戦に加え、国体の4試合という過密日程をこなした。赤井監督は「連戦で疲労もある中、しっかり戦い勝てた」と選手の頑張りをたたえた。上野は「勝ち切れたことで良い形でリーグに戻れる」と自信を深めていた。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。