ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福井国体・第5日

ボート お家芸健在 入賞相次ぐ 喜びも悔しさも

2018年10月4日(木)(愛媛新聞)

【成年男子ダブルスカル決勝】4位入賞を果たした越智寛・岡部組=福井県立久々子湖漕艇場

【成年男子ダブルスカル決勝】4位入賞を果たした越智寛・岡部組=福井県立久々子湖漕艇場

武田 大作

武田 大作

【成年男子ダブルスカル決勝】4位入賞を果たした越智寛・岡部組=福井県立久々子湖漕艇場

【成年男子ダブルスカル決勝】4位入賞を果たした越智寛・岡部組=福井県立久々子湖漕艇場

武田 大作

武田 大作

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第5日は3日、福井県立久々子湖漕艇場などで行われ、愛媛勢はボートで、かじ付き4人スカルの少年男子が3連覇を達成し、少年女子も準優勝するなど8種目で入賞を果たした。

 

 「お家芸」のボートでは、表彰台には届かなかったものの入賞を果たした愛媛勢が相次いだ。

 成年男子ダブルスカルは、越智寛、岡部の今治造船勢が強豪ぞろいの決勝に挑み、4位。岡部は「自分たちがどれだけ勝負できるかというレースだったが、いつも通りのこぎができなかった」と語り、越智寛は「僕たちは個々の力が未熟だと感じた」と精進を誓った。

 成年女子ダブルスカルの杉原、小原も同じく今治造船所属。6位に入ったが「(決勝ではなく)5~8位決定戦に回ったことが悔しい」(小原)と唇をかむ。今月末に引退を決めている杉原は「勝ちたい気持ちを結果に残したい」と月末の全日本選手権でのリベンジを期す。

 少年のダブルスカルは、男女とも全員が初出場。女子の山崎、森田は5~8位決定戦で、序盤の最下位から徐々に追い上げ「500メートル通過時点で行けると思った」(山崎)とペースを上げて5位。森田は「国体で一番いいレースができた」と喜んだ。

 男子の近藤、村上大はスタートに失敗したものの「先輩(村上大)の強い声かけでリラックスできた」と近藤。村上大は「悔しさもあるが、結果が残せたことに満足」と初めての国体でつかんだ7位入賞を振り返った。

 少年女子シングルスカル7位の宮嶋も初出場。「全国レベルの大会で順位がついたことがなかった。入賞を目指していたのでうれしい」と笑顔を見せた。

 

【まだまだやれる】

 成年男子・武田選手(シングルスカル7位の44歳)「膝のけがで国体に向けた練習ができなかったのが敗因。エンジンがかかったのが500メートルくらいだった。選手として結果は不本意だが、まだまだやれる」

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。