ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福井国体・第5日

ボート愛媛・少年女子 準優勝

2018年10月4日(木)(愛媛新聞)

少年女子かじ付き4人スカルで2年連続の準優勝を果たした愛媛選抜メンバー=福井県立久々子湖漕艇場

少年女子かじ付き4人スカルで2年連続の準優勝を果たした愛媛選抜メンバー=福井県立久々子湖漕艇場

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第5日は3日、福井県立久々子湖漕艇場などで行われ、愛媛勢はボートで、かじ付き4人スカルの少年男子が3連覇を達成し、少年女子も準優勝するなど8種目で入賞を果たした。

 少年女子かじ付き4人スカルは、昨年と同じく福井に敗れ準優勝。だがレース序盤の最下位から、終盤、脅威の追い上げで意地を見せた。コックスの岩城は「最後まで諦めずに頑張って2位がとれた」と胸を張った。

 スタート直後、ミスで艇が止まってしまったが「落ち着こうと自分に言い聞かせた」と西。2艇身以上の差をつけて進む福井をとらえようと、「ここでかけないと間に合わない」(岩城)と、中盤の500メートルからスパートをかけ続けた。

 「最後なので全力を出すと意気込んでいたが、それ以上に力が出た」と藤谷。最終的には届かなかったが、力は出し尽くした。

 黒木以外は3年生。藤谷は「2年連続の2位。来年こそは黒木さんに1位をとってほしい」と唯一の2年生に夢を託した。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。