ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
526日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福井国体・第5日

テニス 愛媛・成年男子V2 佐野は今季で引退

2018年10月4日(木)(愛媛新聞)

【成年男子決勝 愛媛―大阪】第2シングルスで快勝した佐野紘一=福井市わかばテニスコート

【成年男子決勝 愛媛―大阪】第2シングルスで快勝した佐野紘一=福井市わかばテニスコート

【成年男子決勝 愛媛―大阪】高速ストロークで第1シングルスに勝利した片山翔=福井市わかばテニスコート

【成年男子決勝 愛媛―大阪】高速ストロークで第1シングルスに勝利した片山翔=福井市わかばテニスコート

【成年男子決勝 愛媛―大阪】第2シングルスで快勝した佐野紘一=福井市わかばテニスコート

【成年男子決勝 愛媛―大阪】第2シングルスで快勝した佐野紘一=福井市わかばテニスコート

【成年男子決勝 愛媛―大阪】高速ストロークで第1シングルスに勝利した片山翔=福井市わかばテニスコート

【成年男子決勝 愛媛―大阪】高速ストロークで第1シングルスに勝利した片山翔=福井市わかばテニスコート

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第5日は3日、福井県営テニス場などで行われ、愛媛勢はテニスで、片山翔(伊予銀行)と佐野紘一(同)の成年男子が2年連続2度目の優勝。波形純理(同)と長谷川茉美(同)の成年女子は3位に入った。

【佐野・今季で引退 有終  片山・前日の黒星雪辱 成年男子】

 気迫のサービスエースで連覇を決めた佐野紘一は、この日一番の雄たけびを挙げた。愛媛国体優勝ペアで挑んだ今大会。本年度で現役を引退する佐野は、最後の国体をシングルス全勝の有終の美で飾り、片山翔も「大会MVPをあげたいくらい」とたたえた。

 前日の準々決勝では強敵の地元福井を撃破。しかし、福井とのプロ対決で今大会唯一の黒星を喫した片山は「かなり攻められた。同じことは繰り返さない」と、決勝では序盤から勝負に出た。第1ゲームは相手サーブから始まるリターンゲーム。片山は「リスクを冒しても勇気を持ってコートに入り、相手の攻撃を攻め返した」とブレークに成功。その後はキープが続いたが、終盤にも再びブレークして試合の主導権を握った。

 片山の健闘に佐野も応えた。相手は来年伊予銀行に入行予定の大学生。フォアハンドが得意な相手に対し「ストローク戦よりも前後に揺さぶって相手のリズムを崩す」という頭脳戦で3ゲームを先取。強化したサーブでのポイントも随所で決まり、最後のサービスエースは「気持ちよかった」と笑みをこぼした。

 成年女子も3位決定戦に勝利し、胴上げで喜びを分かち合った伊予銀行チーム。佐野は「若い選手たちには気持ちを前面に出して、応援してもらえるようなプレーをしてほしい」。来年の3連覇へ、しっかりとバトンをつないだ。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。