ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福井国体・第5日

テニス 愛媛・成年女子3位決定戦 大接戦もぎとる 

2018年10月4日(木)(愛媛新聞)

【成年女子3位決定戦 兵庫―愛媛】ダブルスで粘り勝ちした長谷川茉美(左)と波形純理=福井市わかばテニスコート

【成年女子3位決定戦 兵庫―愛媛】ダブルスで粘り勝ちした長谷川茉美(左)と波形純理=福井市わかばテニスコート

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第5日は3日、福井市わかばテニスコートなどで行われ、愛媛勢はテニスで、片山翔(伊予銀行)と佐野紘一(同)の成年男子が2年連続2度目の優勝。波形純理(同)と長谷川茉美(同)の成年女子は3位に入った。

 2016年の岩手国体の優勝ペア、波形純理と長谷川茉美が大接戦を制して3位をもぎとった。

 シングルスは1勝1敗。迎えたダブルスは、勝利まであと1ゲームというスコアから追い付かれる苦しい展開になった。そんな中「強気でいこう」と波形が言葉やプレーで長谷川を鼓舞。瀬戸際でブレークを奪い、最後はジュースから長谷川のサーブが相手のリターンミスを誘い試合を決めた。

 長谷川は「最強のパートナーがいながら3位は悔しい。ゲームの出だしにミスが多かった」と反省した。波形は「前日の準決勝は緊張に負けてしまい、楽しむことが一番と気付いた。国体があるからプロとして世界を目指せている。ずっと出続けたい」と笑顔を見せた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。