ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

JR 始発から運行見合わせ

台風24号、県内にきょう30日夕方最接近

2018年9月30日(日)(愛媛新聞)

 

 大型で非常に強い台風24号は30日夕方、県内に最も接近し、四国に上陸する恐れがある。松山地方気象台は暴風や土砂災害、河川の氾濫などに警戒を呼び掛けている。

 気象台が29日午後5時17分に出した県気象情報によると、台風の接近に伴い県内は局地的に雷を伴う猛烈な雨が降り、多いところで、1時間の最大雨量は80ミリ、30日午後6時までの24時間降水量は300ミリを予測。最大風速は東、中予の陸上で30メートル、海上35メートル。南予は陸上で35メートル、海上40メートルが予想され、大しけになる見込み。

 気象台は29日午後4時2分、県内に雷強風波浪注意報、同9時17分、南予に波浪警報を出した。

 JR四国が30日始発から県内全線の特急と普通列車の運行を見合わせるなど、県内の交通機関にも影響が出ている。船は県内と九州や大阪を結ぶフェリーが29日午後から順次欠航。30日は、三津浜(松山)―柳井(山口)のフェリーも含めほとんどが終日欠航を決めている。

 空路は、29日の全日空松山―那覇往復便が欠航。同日午後7時現在、30日はジェットスターが午前10時55分成田発松山行きと折り返しの2便。ピーチ・アビエーションが松山―関西往復便。全日空は午前中を中心に16便。日本エアコミューターは松山―鹿児島往復便の欠航を決定した。

 県外の都市を結ぶ多くの高速バスが30日は運休する見込み。

 台風接近に備え、八幡浜市は29日午後6時、避難勧告を西日本豪雨から出している1地区に加え、南柏など3地区、計28世帯75人に発令した。宇和島市は、午後3時に吉田地区など2038世帯4921人に土砂災害に関する避難準備・高齢者等避難開始を発令し、午後6時時点で7世帯9人(うち対象地域外2世帯3人)が避難。吉田町東小路の吉田公民館に身を寄せた40代男性は「7月の豪雨以降、台風も多く今回も進みが遅いから心配」と話していた。

 愛南町は御荘文化センター(御荘平城)など町内13カ所に自主避難所を開設。午後9時現在、20世帯26人が避難。久万高原町は、17カ所に自主避難所を開設し、午後5時現在、久万と柳谷の両地区で計5世帯8人が自主避難している。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。