ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

7000人がしまなみ疾走へ 

国際サイクリング大会の概要発表 10月開催

2018年9月27日(木)(愛媛新聞)

サイクリングしまなみ2018のエントリー状況などを発表した記者会見=26日午後、県庁

サイクリングしまなみ2018のエントリー状況などを発表した記者会見=26日午後、県庁

 10月28日に開かれる瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」の実行委員会は26日、大会のエントリー状況や初開催するサイクリングサミットの内容を発表した。大会を西日本豪雨からの復興イベントと位置づけ「がんばろう広島・愛媛」をスローガンに両県を盛り上げる。

 大会は7281人が参加した2014年の「サイクリングしまなみ」に続く大規模大会。約30~140キロの7コースに、国内と26カ国・地域から約7千人がエントリーしている。各国の招待者やサッカーワールドカップ元日本代表の岡野雅行さん、平昌五輪スピードスケート選手の郷亜里砂さん、モデルの道端カレンさん、今治市出身のタレントみかんさんらも出走する。

 大会前日の10月27日に今治国際ホテルで開催するサミットには、国内外の自転車イベント主催団体らを招待する。台湾の世界的自転車メーカーのジャイアント・グローバル・グループの羅祥安・最高顧問の講演や、世界のサイクリングに関する事例発表を実施。自転車の楽しさを共に広めることなどを盛り込んだ「しまなみ宣言」を採択する。

 大会当日は午前6時~正午、今治インターチェンジ(IC)―因島北ICの上下線が通行止めになり、臨時フェリーが運航。今治市内で今治IC、今治北IC周辺など5カ所が通行止めになる。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。