ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
916日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会一般質問・福羅浩一氏(自民)

小中学校エアコン設置 整備加速 9月は34.1% 教育長、年度末40%超見込む

2018年9月27日(木)(愛媛新聞)

福羅浩一氏(自民)

福羅浩一氏(自民)

 9月定例県議会は26日、一般質問を続け、福羅浩一(自民)松井宏治(民主連合)田中克彦(共産)高橋英行(自民志士・無所属)4氏が、西日本豪雨や県内小中学校のエアコン設置状況などを取り上げた。27日は帽子大輔(自民)菊池伸英(無会派)松下行吉(自民志士・無所属)森高康行(自民)4氏が質問する。

 

 ―(半壊以上の住宅の修理を公的支援する)応急修理制度の早期施工に向けた取り組みは。

 山口真司保健福祉部長 市町と連携し制度の周知に努めてきた。災害救助法適用の県内7市町で20日現在、2037件の申し込みがあるが地元業者が対応できる事業量には限界があり、発注は約64%の1306件にとどまっている。

 早期の業者選定、施工を図るため、県と協定を締結する中小建築業協会を通じて県内の信頼できる業者を募集し、特に被害が大きい大洲、西予、宇和島の3市に紹介するマッチング事業を9月から実施している。

 

 ―県内市町の小中学校のエアコン設置状況は。

 三好伊佐夫教育長 2017年4月の普通教室の設置率は5・9%で全国41位。耐震化に最優先に取り組み、財政負担を要することが主な要因と考える。

 18年度中に上島、松山、伊方、松野の4市町では全ての普通教室に設置が完了する予定。整備の動きは加速しており、今年9月の設置率は34・1%、年度末には40%を超える見込み。国で設置の財政的支援を拡充する動きがあり、動向を注視しながら整備を積極的に働き掛けたい。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。