ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

福井国体・県勢の戦力

ボート 杉原・小原ペア連覇期待

2018年9月24日(月)(愛媛新聞)

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」の本大会が29日から11日間、福井県で開かれる(自転車競技は25~29日)。競泳やクレー射撃などの会期前競技を除き、愛媛勢が出場する33競技と特別競技の高校野球硬式の戦力を紹介する。

 

 【ボート】成年男子のかじ付きフォアはベテランと若手の連係が強み。経験豊かな別府、船田が精神的な軸となり若手の高橋、木村らがもり立て、勝負強いレース展開で上位を見据える。

 成年女子はダブルスカルの杉原・小原ペアの愛媛勢2連覇に期待がかかる。かじ付き4人スカルも各年代で日本代表に選ばれた首藤、松井など経験豊富な選手が多く上位入賞が狙える。

 3連覇を目指す少年男子のかじ付き4人スカルは、オールをこぐ動きの質を高め、中盤以降の伸びに磨きをかけてきた。アジアジュニア選手権で優勝した岡本ら大舞台経験の豊富な選手がそろう。

 少年女子かじ付き4人スカルは昨年準優勝のメンバー4人が残っている。強豪を破って予選突破できるかが鍵。シングルスカルの宮嶋、ダブルスカルの山崎、森田は入賞に期待したい。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。